s
生そばへのこだわり
更科生そばは内層粉を利用
 大平庵の「更科生そば」は、内層粉(ないそうこ・更科粉さらしなこ)とよばれる、そばの実の中心部分の粉を利用して作ります。白くてとても綺麗な粉です。この粉で作るそばも、当然、色が白くなります。そばの香りは少なめですが、独特のなめらかな「のどごし」と、貴賓ある、さわやかな甘みを持っているのが特徴です。内層粉は、そば粉の中で、最も高貴で取れる量の少ない粉なのです。日本酒にたとえるなら、お米を削りに削り、中心部分の米だけを使って造るのが大吟譲酒。最高級の日本酒です。大平庵の「生そば」は、大吟譲酒と同じように、そばの実の中心部分の内層粉を利用して作るものです。これは、おそばの大吟醸ともいえるでしょう。 内層粉

内層粉(更科粉)

そばの実の中心部分の粉

もどる
最良質の天然水を使用
 大平庵は、明治元年創業の造り酒屋でした。良いお酒を造るには、当然、良いお水が欠かせません。ここ佐賀県には、日本有数の造り酒屋があります。良い米と良い水がなければ、良い酒はできません。日本酒製造元としての歴史は、三十年以上前に終わりましたが、昔から酒造りに使用していた素晴らしい天山水系の天然の良水が、今でも私たちのもとにございます。この天然の水をつなぎとしてそば作りに利用したのが、大平庵の「生そば」です。酒造りに使用していた最良の天然水は、そば粉の味わいを自然にやさしく引き出してくれます。現在は、あわせて海洋深層水を利用。
天山
天山山系
清水の滝 *
同じ天山山系の水
*
名所 清水の滝
もどる
消費期限4日以内
 大平庵の「生そば」は、ph剤や合成化学物質の添加物は、使用していません。完全なる「生」の状態ですので、いわゆる日持ちはいたしません。冷蔵庫で保管して頂いても、製造日から4日程しか持ちません。放置したら、すぐに腐ります。冷蔵しても、時間がたてば、品質・味ともに落ちてゆきます。なるべく早めにお召し上がり下さい、といいたいところですが、すぐに食べて下さい。
もどる
酒精の活用
 そば通は、日本酒を楽しんだ後に、そばを食べて締めくくるものです。昔、造り酒屋であった大平庵は、それをヒントに、「生そば」に酒精(アルコール)を利用しています。必要最低限の酒精を含ませることは、「生そば」の品質劣化の防止に役立ちます。また、「生そば」の封を開けると、お酒の香りがほのかにする、というところも、特徴です。酒精は、「生そば」をお湯の中でゆがく時に、全て飛んでしまうので、味に全く問題はございません。
もどる
新鮮な生そばを貴方のお手元にお届け致します
生そばセット

生そばセット・注文
 
問い合せ
info@namasoba.com

フリーダイヤル 0120-76-2455

電話 0952-76-2455

FAX 0952-76-3293