生そば 
そばつゆ
専門店

大平庵

酒蔵レストラン 大平庵
フリーダイヤル 0120-76-2455         佐賀県多久市東多久町別府       


国の登録有形文化財

木下家 主屋




主屋 主座敷(上の写真)の中で、お食事ができます。
人数24名まで ★要予約
お問い合わせ 0120-76-2455
担当:武田まで



登録文化財パネル

贈呈式

多久市の中川教育長から登録文化財を証する
パネルを受け取る当社会長の木下治夫(左)。
平成23年11月30日


開館時間:午前10時〜午後5時

お休み:火曜日 年末年始

問い合せ info@namasoba.com

フリーダイヤル 0120-76-2455

電話 0952-76-2455

FAX 0952-76-3293









 
木下家は、19世紀初頭から明治に至るまで、肥前多久領の大庄屋(おおじょうや)を務め、明治元年(1868)に酒造業(〜1973まで)を始めた。主屋の建築主は、木下平兵衛(きのしたへいべえ)(1841〜1916)で、文久3年(1963)から三代目の大庄屋を務め、明治元年に木下酒造場を興し、明治22年(1889)から同37年(1904)まで、東多久村会議員も務めた。昭和3年(1928)に二階を増築、昭和57年(1982)一階を増改築して現在に至る。現在の当主は、木下治夫(木下平兵衛から4代目)である。
 主屋は、木造二階建、室内東側に土間があり、12畳の主座敷を配する。主座敷には、床差しの?縁天井・座敷飾りなどがあり、明治期の座敷の特徴を残す。




 


COPYRIGHT(C)TAIHEI-AN All right reserved