生そば
そばつゆ
専門店

大平庵

0120-76-2455     佐賀県多久市東多久町別府 

生そば・大平庵のリンク集
酒蔵のんべえ会
特別企画 「佐賀の酒まつり」
当店の人気メニュー
   生そば専門店大平庵の家族(計7名)の日常の出来事などを日記にしたものです。主人公は、筆者の武田耕一(お父さん)です。たまに他の家族が書き入れる場合もあります。               
新鮮な生そばを貴方のお手元にお届け致します
生そばセットのご注文

                      問い合せ
info@namasoba.com

フリーダイヤル 0120-76-2455

電話 0952-76-2455

FAX 0952-76-3293

 平成17年 ■ 1月
1/1(土)  新年明けましておめでとうございます。本年も生意気生そば一家を宜しくお願い申し上げます。
1/13(金)  今日は夕方から、子供達を嬉野温泉につれていってやりました。とても静かで快適な旅館で、食事も大変美味しい内容でした。夜はカラオケで歌いまくり。お正月はあまりかまってあげられなかったからね。
■ 2月
2/3(木) 今日は節分。子供達とお店・自宅と豆を播き歩いた。一番下の息子7歳が7個しか豆を食べられないとぶーたれておりました。おばあちゃんは、70個も豆を食べたらおなかを壊すと嘆いておりました。
2/14(月) バレンタインデーのこの日。小4の長女がチョコを作ってくれました。しかし、材料の総量から考えても、お父さんの分がちょっと少ないんじゃないの。
2/20(日)  小1の次男と買い物に行きました。私のほうは、仕事で使うものをいろいろ。次男は大好きなカードを目的に。帰りがけに、次男がチョコロールパンをどうしても買ってくれとせがみます。「それじゃ、特別だぞ。」といって買ってやりました。その帰りの車の中での会話です。          父「お前が大人になったら、お父さんが欲しいものを買ってくれよ。」  次男「お父さん、僕、今7歳だけど、あと何年たったら、大人になるの?」父「あと13年たったらお前は大人になるよ」                  次男「その時、お父さんは何歳になってるの?」              父「53歳ころかなあ。」                              次男「じゃあ、まだ生きてるね!」 苦笑いするお父さんでした。。。

■ 4月

4/20(水)  本日より、福岡天神・大丸にて、佐賀のうまかもん市開催。その準備に、前日より福岡入りいたしました。早朝、宿泊していたホテルで大きな地震に遭遇。震度5強の揺れに死ぬかと思いました。ベットはきしむし、身体全体がベットから転げ落ちそうな感じでした。もう天災はこりごりですね。
4/26(火) 福岡天神・大丸にて催された「佐賀のうまかもん市」が無事終了。多くのお客様に来て頂きました。ありがとうございました!
■ 5
5/21(土)  昨年の台風のたび重なる襲来で、国指定重要有形民俗文化財の酒蔵道具を保管している酒蔵資料館が、大変な被害を受けておりました。この日、その壊れた酒蔵資料館の修築工事完成記念式典を行いました。100名を超える方々の臨席を賜り、無事盛大に式典を行うことができました。皆様に心からお礼を申し上げます。
■ 6月
6/19(日)  この日は父の日。子供たちからは何の応答もなし。お昼過ぎに、小4の長女が、「お父さん、父の日だからこれあげるね」と缶コーヒー(ブラック)をくれました。私がうれしそうにしていると、「あのね、それは弟がジュースを買おうとして間違って自動販売機のボタンを押したら出てきたの。もったいないから、お父さんにあげるね!」と長女。ありがたいのやら・・・
6/25(土)  お昼過ぎから、子供たちをつれて呼子にいってまいりました。ジーラに乗って、海のお魚たちの姿を見て、子供たちは大喜び。やっぱり自然と触れ合うことは、とても気持ちのよいことですね。夕食は、近くのお店でとりました。お母さんは、イカの生き造り定食、子供たちはエビフライ・お刺身・てんぷら定食で満喫。お父さんはみんなの残り物でした。まっ、いいか。
■ 7月
7/1(金)  午後3時より、FM佐賀の「週末はざっくばらん」で大平庵のことを放送していただきました。下の写真は、スタジオ内で収録を行っているときのものです。パーソナリティーの笠原瑠璃子さんには、大変お世話になりました。FM佐賀のスタッフの方々、ありがとうございました。
笠原瑠璃子さんとスタジオにて

7/14(木)  昨日、東京から帰りました。新宿伊勢丹での催事では、沢山のお客様にご利用頂き感謝いたしております。子供たちへのお土産は東京バナナ。皆お土産のために(?)お利口にしていたそうです。
7/30(日)  岐阜に冷え取り健康の勉強会に行ってまいりました。そこでの講演で、運は人から頂くものであり、その第一歩は笑顔からという内容のお話を聞きました。とても心に染み渡る素晴らしいお話でした。
■ 8
8/4(木)  今日は子供たちを三井グリーンランドにつれてゆきます。とても暑くて大変な一日になりそう・・・
8/5(金)  本日の夕刻、家族旅行から帰ってまいりました。三井グリーンランドでは、子供たちは皆楽しそうでしたが、とにかく熱い!の一言。40度近くになっていたそうです。私は娘の付き添いで、一番嫌いなジェットコースターに乗せられました。小4の娘はこの類の乗り物が大好き。わずかな時間だったのでしょうが、やっぱり二度と乗りたくないですね。その晩は、杖立温泉に泊まりました。お風呂はなかなかでしたし、料理も美味しかったです。のんびりそして静かなところでした。子供たちはゲームばかり。
■ 9月
9/5(月)  いつものとおり、早朝子供たちを学校に送り出すため、もよりのバス停に着いた。そのとたん、小6の長男が「あっ、忘れ物をした!」と言い出す。今から家に戻っても絶対にバスの時刻に間に合いません。しかし、彼は走って家に戻りました。「もう間に合わないぞ。次のバスで行きなさい。遅刻しても仕方ないだろう。だからあれほど出る前に忘れ物はないのかって、あれほどいったのに。」と父は呆れ顔。そのことはものともせず、彼は家へ走ってゆきました。やはり案の定、バスがまもなくやってきました。「やっぱり、お兄ちゃん間に合わなかったね。」と話す妹と弟。バスがバス停に到着しようと近づいてくると、私たちはびっくりしました。なんと、長男がニコニコと笑顔で先頭の座席に座っているではありませんか!「どうやって乗ったんだ? まさかお前 間に合わないからって、バスを無理やり止めて乗ったんだな!」と父。長男はそんな父に勝利のVサインを投げかけ、バスとともに過ぎ去ってゆきました。参った!!!
■ 10月
10/25(火)  今日は小6の長男と小4の長女が塾に行く日です。学校まで迎えに行き、塾の時間まで夕食を食べさせました。食事を終えて早速漫画を読みふける二人。しばらくすると、長男が突然鼻血を出しました。私は「すぐに止まるから、上を向いてなさい。」と息子に話したところ、彼は確か顔を上に向けたのですが、漫画からは目を離さないまま。注意してもお構いなし。お店のお客さんの中で、ただ一人彼だけが顔を上に向けた格好でした。私たち周囲のものは、しばらく他人のふりをしていました。
平成15年 平成16年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年