当店の慈善活動
★福の会★
fukudesu

「福の会」の由来
 
 平成22年の年末、大けがで瀕死の
子猫が迷い込んできました。動物病院
で二度の手術を受け命は取り留めまし
たが、下半身不随のままかもしれないとのことでした。おしっこも自分では
できずにお腹が腫れ可哀そうでした。
しかし、子猫は、激痛に耐えながら、生きよう・治ろうと痛い傷口を自分でペロペロとなめながら懸命に頑張りました。

現在は尻尾も後ろ足も動かせるようになりました。この猫に「福」と名付け、
今でも我が家で暮らしています。

不況が長く続き、混沌とした毎日を送る現在の私たちですが、力強い精神をこの小さな子猫から学んだ次第です。

 この子猫のように治療を受けられれば奇跡的に回復する例もありますが、世界には、生きたくとも適切な医療や福祉を受けられない子供たちが沢山います。
 そこで、このような子供たちの役に少しでも立てればと思い、「福の会」という慈善事業活動を今後適宜に行うこととしました。
そこで集められた募金は、児童保護活動をされている各団体機関に寄付いたします。募金送付先の団体については、HP上で事前に公表の了承を
得られていない場合は活動終了後の掲載となることがございますので、ご了承くださいませ。                
 皆様のご協力をお願いいたします。 
    大平庵 店主 武田耕一

fukudes2
開催時期
活動内容
平成23年  
第1回 2月~3月末日  当店所有の陶磁器提供により募金を呼びかける。
第2回 3/19~27 TOP PROJECTに参加  当店で提供されるお茶やお水に対して募金を呼びかける(主催:ユニセフ)